園の特長

遊びからその先へつながる療養プログラム

子どもたちが主体的に関わる遊びは、心身の調和をはかり、発達の基礎を培う重要な活動です。
発見したり、感動したり、達成感を味わったり、友だちや職員と喜びあったり、時にはケンカしたりしながら、
多くのことを学びます。

異年齢混合の少人数育成

子どもたちはみもみ園で出会った友だちと、一人ひとりの得意なことを認め合いながら成長していきます。
職員は、個々に丁寧に向き合い、それぞれにふさわしい療育を心がけます。自分のことを受容してくれる大人が
たくさんいる安心感の中で、自分らしさを十分に発揮できるでしょう。クラス編成は横一直線の成長年齢割りだけとは限りません。
互いに憧れを持ちながら過ごせる環境を整えます。

虐待防止 地域に開かれたみもみ園

この実籾の地域に園を構えることが出来たことに感謝の念を忘れず、園の存在を地域に深く根ざす努力をしていきます。
虐待防止の一環として、定期的に子への想い、命の重みを考えるオープンプログラムを開催します。